お墓の基礎工事の施工工程ごとのポイントまとめ【1級土木施工管理技士監修】

お墓 基礎工事

どんな構造物でもそうですが、土台となる基礎工事はしっかりと作る必要があります。お墓の基礎工事は地域ごとに特色があり、一概に説明をすることはできないのですが、建築基準法に準拠してなるべく根拠のある説明をしていければと思います。

なかの
こんにちは、1級土木施工管理技士のなかのFacebook Twitter自己紹介)です。

土木工事の現場監督として数多くの現場をこなしてきました経験を元に、お墓の基礎工事について説明いたします。

お墓の基礎工事は大きくわけると以下のポイントに集約できます。

  1. 墓地の地盤確認:適正な地耐力の確保。場所によっては、地盤改良(セメント改良・軟弱地盤対策・杭打ち)が必要になる。
  2. 基礎砕石(割栗石):砕石を地盤の上で、構造物の重量を跳ね返す地盤反力が確保できるように入念に締め固める。(割栗の場合、地盤にめり込み杭のような役割も果たす。)
  3. 配筋:構造計算上、基準を満たすような太さの鉄筋を選び適正な間隔で配置する。コンクリートの中性化も考慮する。
  4. 型枠:型枠を生コン打設時の衝撃などにより動かないように、固める。
  5. 生コン:構造上十分に耐えられる強度を有するように設計を定める。また、気温により適正な呼び強度で打設する。
  6. 生コン養生:コンクリートが適正に強度を発現するように養生を行う。

以上、大まかなお墓の基礎工事の流れですが、一つづつ説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

お墓の基礎工事の施工の流れ

①墓地の地盤確認

住宅を建てる際には、地盤調査をして、建物の重量に耐えうる地耐力を有しない場合には、適正な地盤補強をすることが義務付けられています。ただ、お墓にはそのような定めがなく、各石材店の判断にゆだねられています。

そのためか、大きな地震が起こった際には、墓地の被害は大きくなりがちです。大地震が起こると必ずと言っていいほど、倒壊しているお墓がクローズアップされます。お墓の耐震や免震などの構造も大切ですが、実のところ地盤のウェイトが大きく、いくら強固にお墓をつくっても地盤が弱いとどうにもなりません。

標準貫入試験

標準貫入試験

一般的には住宅の場合には、スウェーデン式サウンディング試験が行われます。もしくはもっと正確な情報が必要な場合には標準感貫入試験を用います。しかし、墓地においてはそこまでして地耐力を確認することは稀です。なので、周囲のお墓の沈降具合、地形、過去の地震の被害などを加味して、なんらかの地盤改良を施します。簡易的な地盤調査として鉄筋棒を持っていき、自分で差し込んで感触で確かめるというのもあります。あくまで感触の話になってしまうので根拠に乏しいですが、慣れると感覚で強い地盤か弱い地盤かわかります。

なかの
鉄筋がずぶずぶ入るようなところは要注意!

お墓が傾いた!墓地の簡易的な5つの地盤調査方法を紹介します。

2017.05.19

 

 

②基礎砕石(割栗石)

お墓の基礎工事 基礎砕石

基礎に用いる石は、各石材店によってさまざまで砕石、もしくは割栗石を用いることが多いです。加工をする石材店によってはコッパと呼ばれる石の切れ端を砕いたものを利用することもあります。

基本的には、基礎砕石の役目は地盤反力を得るためのものです。地盤反力とは、上に乗る墓石やコンクリート基礎の加重を跳ね返す力。そのために最適含水比に近づけて入念に転圧をして、硬い層を作る必要があります。割栗を用いる石材店もありますが、その場合には若干意味合いが異なって、下の地盤にくいこませて地耐力を上げる意味になります。この場合には、目つぶしとして砕石の層を上につくり地盤反力も補う必要がでてきます。
※最適含水比とは砕石が締め固まるのにちょうどよい水分量を含むことをいいます。

お墓の基礎工事 基礎砕石(割栗)を施工しなければ費用が浮いてお得?

2017.05.15

 

③配筋

鉄筋 配筋

お墓の基礎工事には、建築基準法のように定められた法律はありませんが、準拠することで十分に強度があり、客観的に信用できる基礎工事になります。その中で、鉄筋は実は重要なファクターになります。知識の有無で雲泥の差が出るからです。

もともと、鉄筋は硬いけど柔軟性がなく割れやすいコンクリートに引っ張り強度をもたせるために配置されます。墓石の重量に耐えうるように、適正な鉄筋の径や太さ、間隔を定める必要があり、特に負荷がかかる部分には多めに配筋します。このように鉄筋はコンクリートの柔軟性の乏しさを補うためのものでありますが、致命的な弱点があります。それが爆裂現象です。

爆裂減少とは、コンクリート内部でアルカリ性の被膜に守られている鉄筋が、コンクリートの中性化によりサビてしまい。内部で膨張して内側からコンクリートを破壊する現象です。コンクリートは柔軟性がないので、内部から力が加わると比較的容易に破壊されます。それを回避するためには、鉄筋のかぶり厚を適正に確保することが必要になります。

お墓のコンクリート基礎工事 1級土木施工管理技士おすすめの【長寿命化】法とは?

2017.01.31

 

スポンサーリンク

 

④型枠

永代供養墓 型枠

上の写真は、私が設計・施工管理をした永代供養墓の納骨堂の配筋・型枠の様子です。大きく複雑になり、生コンのボリュームが増えるほど、型枠の強度も求められるので短観パイプやサポートでガチガチに固める必要がありますが、一般的なお墓の基礎であれば、ここまで仰々しく施工をすることはありません。

ただ、打設時に動いてしまうと基礎の形が狂ってしまうことになります。また、四隅に対して、真ん中の方がコンクリートの圧力を受けるので、はらみやすくなります。お腹が出るようでちょっとみっともない基礎になりますので、注意が必要です。また、生コン打設前には散水をして型枠や基礎砕石に水分を含ませることが必要になります。

 

⑤生コン

お墓 生コン

生コンの設計強度は、いちいち構造計算などしていられないので、一般的な構造物の強度に準ずる形で良いと思います。また、打設する際の気温によって呼び強度を定めます。呼び強度とは、実際に施工する際の強度であり、コンクリートは気温が25℃を超えるか0℃を下回ると強度が落ちますが、条件が悪い気温の場合でも設計強度以上の品質を確保するために上乗せされた強度を言います。

また、生コンは品質を維持するために、練り混ぜ(おおよそ工場出荷)から打設終了までの時間は2時間と定められており、25℃を超える場合には1.5時間になります。それを超えるとコンクリートの硬化が始まっているので、著しく品質が落ちます。

コンクリート打設の際には材料が分離するので横流しは禁止、また振動棒を30cm間隔で垂直に挿入し丁寧に締め固める必要があります。細かいことを言い出すとキリがないのですが、けっこう品質に差が出ますので丁寧にやりたいところです。

【速攻で固まる】夏の生コン(暑中コンクリート)の4つの対応策 施工や養生方法のまとめ

2018.06.30

寒中コンクリートの施工は、強度補正(温度補正)or 早強 or 防凍剤(耐寒剤)のどれがいい?

2018.02.26

 

⑥コンクリート養生

コンクリートは『水和反応』という、水とセメントの化学反応により硬化しますが、乾燥をしてしまうとひび割れの原因となるので、一定期間は水分の逸脱を防ぐために養生をする必要があります。雨季などで乾燥ひび割れのリスクがない場合には養生をしなくても問題ありません。個人的には、夏場だったらプールみたいに3日ぐらいはひたひたにしておきたいぐらいです。

特に冬季は0℃を下回ってしまうと水分が凍ってしまい『水和反応』ができなくなるので、シート養生。場合によっては練炭やバーナーによる養生が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

お墓の基礎工事について、1級土木施工管理技士の立場から簡単にまとめてみました。どんな構造物でもそうですが、墓石の重量に耐えられる地盤があって、基礎砕石を丁寧に転圧して硬い層を作り、鉄筋や生コンを適正に施工してコンクリート基礎をつくります。

これらの基準や施工方法は、一般的な建築物の場合には建築基準法に定められているのですが、お墓の工事には法的な定めがありません。お墓の形は全国でさまざまですが、施工方法もかなりの違いがあり、例えば鉄筋でなくてワイヤーメッシュが主流の地域もあったりします。

これがそのまま施工不良と言うわけではなく、例えば墓相型だとモルタルを用いないで石塔を重ねたりしますし、お墓の基礎工事に関しては、地域性や宗教性も色濃く反映されるものであるということはご了承ください。

 

1級土木施工管理技士の「なかの」はこんな人ですよ。
自己紹介・プロフィール

こんな会社に勤めていますよ。
羽黒石材工業株式会社

お墓についてご相談したい方はこちらにどうぞ。
お問い合わせ

いろいろとご相談したい方、@LINEもやってます。
友だち追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラウドファンディングのご支援ありがとうございました。

お墓 基礎工事
クラウドファンディング マンガ

クラウドファンディング成功しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください