5才の息子がお墓参りに行った日に描いた『お墓の絵本』

お墓の絵本

 

子供ってとても感受性が豊かで、親として驚かされることがあります。

なかの
こんにちは、なかの(@ryoryolyです。

本日は、息子との思い出について書かせてもらいます。

 

当時5才の息子は、お墓参りに行った日の夜に思ってもみない絵本を書いて見せてくれました。

親としても衝撃的な内容で、いろいろと考えさせられました。

そんな息子が描いた絵本を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

お墓がテーマの絵本

子供 落書き

子供って絵を描くのが好きですよね。

うちの息子もご多分にもれず、毎日のように、クレヨンや色鉛筆で画用紙いっぱいに絵を書いています。

 

子供の絵って、本人にしかわからないような、ストーリー性を含んでいたりするんですよね。

『この絵は何なの?』

なんて聞いてみると、思ってもみないような想像力豊かな答えが返ってきたりして、大人が感心することもあります。

 

ある夜、いつものように一生懸命に何か書いているなぁ?と思っていたら

息子
パパ、絵本できたよ~

と持ってきたのがこちらの絵本。

 

なんとテーマは「お墓」です。

表紙がおどろおどろしい、骸骨と骨と血ですね。

『目中』と書いてあるのは『中野』です(笑)

お墓の絵本

手前の赤いのがお母さんで、後ろにいるのが子供だそうです。

ほんのり笑顔ですが、2人で仲良くしているところです。

お墓の絵本

「ぼく」は、お母さんと一緒に楽しく過ごしていました。

ところが、仲良くて大好きだったお母さんが亡くなって、火葬場で焼かれて骨になってしまいました。

お墓の絵本

お骨になったお母さんは、お墓に入れられます。

お墓の絵本

ぼくは悲しくて泣いてしまいました。

お墓の絵本

お終い

お墓の絵本

とても5才児が描くとは思えないような悲しいストーリーですよね。

私は、この絵本を見せてもらった時に、わが子のことながら胸にグッとくるものがありました。

 

息子がこの絵本を描くに至ったのには理由があります。

 

スポンサーリンク

 

お墓参りが子供に与える影響

その日は、息子と2人でお墓をお掃除して、お花を添えてお参りをしました。

昨年に私の祖母、息子にとっては曾祖母が亡くなっています。

 

息子
お墓の中に大ばあちゃんがいるの?骨だけなの?
なかの
そうだよ、ゆいと(息子の名前)も大ばあちゃんが火葬場で焼かれて骨になったの見てるだろ?
息子
ふーん・・・

 

なかの
大ばあちゃんゆいとが可愛くて、お墓の中から、ずっと見守ってくれてるんだよ。
息子
大じいちゃんも骨なの?
なかの
そうだよ、ゆいとは会ったことがないけど、大じいちゃんもお墓にねむっているんだよ。
息子
ふーん・・・

 

祖母が亡くなった時も、息子は不思議そうにしていました。

人が亡くなるということが、現実的でないというか、理解できていない部分もあるのだと思います。

 

そこから、『お墓の絵本』を描いてきたので、親としては正直驚きました。

感受性が豊かで、お墓参りから多くのことを学んでいるんだなぁと感じました。

 

スポンサーリンク

 

おまけ

お墓参り

息子はパパの後にママに絵本を見せにいきました。

息子
ママ~、この絵本見て~

 

ママ
どれどれ、えっ?ママが骨になっちゃったの?
息子
わーん、嫌だ~(泣)ママ~
ママ
大丈夫よ、ママは生きてるから(笑)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラウドファンディングのご支援ありがとうございました。

お墓の絵本 お墓参り
クラウドファンディング マンガ

クラウドファンディング成功しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください