ヘビメタのライブ会場で『ご先祖様の大切さ』を訴えてきました!

jMatsuzaki ライブ

 

新宿までjMatsuzakiさんのライブを見に行ってきました。

jMatsuzakiさんは、システムエンジニアとして会社に勤めていたのですが、音楽をやりたくて独立。

有名なブロガーさんでもあります。

 

音楽のジャンルはヘビメタ。

ヘビメタは、20年以上も前に最速のメタルバンドと言われていた『スラッシュ』というバンドのライブを見て以来で、かなり楽しんできました。

jMatsuzakiさんならではの独特な世界観があります。

新曲「ApplePie」

1st Album “EatShit”

 

今回は、jMatsuzakiさんのライブを見に行くのもそうですが、他にも目的があって『ご先祖様への熱き想いを呼び覚ます”魂”のクラウドファンディング』の宣伝も兼ねてでした。

クラウドファンディングでご先祖様の尊さを伝えるマンガをつくります

2017.06.27

 

ヘビメタのライブ会場で『ご先祖様を大切にしましょう!』という話ですが、超ロックですよね(笑)

一見ミスマッチですが、ミスマッチ過ぎてミスマッチじゃないような、よくわからない感じです。

どんな様子だったのかご報告させていただきます。

スポンサーリンク

 

手作りのご先祖様の大切さを伝える熱いチラシで参戦!

jMatsuzakiさんのライブですが「入場無料、チケット代自由、出店自由」という3つのフリーをうたっています。

ということで、私も熱いご先祖様への想いを書いたチラシを持参しました。

作ったチラシはこんな感じです。

 

 

思いっきり手書きです(笑)

前日の夜に、マジックペン片手に書かせてもらいました。

 

出店準備の様子を動画に収めて欲しいとのことで撮った動画。

ヒカキンをリスペクトしている息子が、父親の動画撮影に反応してしまっていることにご了承ください。

最後のバーニングは、jMatsuzakiさんの合言葉です。

 

人生を生きるのに心からバーニングしろよということです。

ライブではマジ、バーニングしました。

 

スポンサーリンク

 

ヘビメタのライブ会場で「ご先祖様の大切さ」を訴えてみた感想

2次会では、バンドのメンバーや観客の方々と和気あいあいとお話をさせていただきました。

中には、ライブの興奮が冷めやらず、腕相撲を始める人も(笑)

 

ヘビメタにご先祖様、ちょっとミスマッチな組み合わせで挑んでしまった今回の作戦ですが、話を聞いてくださった方のリアクションは思った以上に良かったということでした。

そりゃ、皆さん大人なので、話を合わせてくれたところもあるのでしょうが(笑)

  • 「ご先祖様か~お墓の掃除をしなくちゃね。」
  • 「お墓参りをしている時は、心に余裕がある時だったりする。もっと行った方がいいかな?」
  • 「なんか、スゴイ新しいっすね。応援してます!」

 

ヘビメタライブなんで、年齢層が若めで30代前半ぐらいの方が多い印象でしたが、ご先祖様については正直なところあまり意識したことがないようでした。

うん、それでいいと思います。

目的は、率直な感想を聞く意味もあります。

 

特に東京都新宿でのライブです。

恐らく地方から上京して、なかなか田舎には帰れない(勝手な想像)

方もいらっしゃると思います。

ご先祖様と言われてもピンとこないのが普通かもしれません。

 

そういった方々にもご先祖様の良さが伝わる漫画が作りたいと、改めて思ったのでした。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ヘビメタのライブ会場で「ご先祖様の大切さ」を訴えてくるという新しすぎる試みをした今回の作戦ですが、改めて無自覚に自覚しているご先祖様の存在が浮き彫りになってきた気がします。

なんとなく大切なんだろうけど・・・

大切にした方がいいんだろうけど・・・

的な感じです。

 

そこを大切にして敬ったら、めっちゃ自分にも跳ね返ってくるものがあります。

そんなことを伝えられるクラウドファンディングにしていけたらと感じます。

 

因みに、今回のクラウドファンディングのメンバー全員で顔を合わせて具体的な打ち合わせもしてきました。

左から私、漫画家の岡野純さん、コンサルの橋本憲太郎さん。

改めて気合も入ったので、実現に向けてのアクションに入ります!

 

徐々に動きもお伝えしていこうと考えていますので、応援してくださると嬉しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
jMatsuzaki ライブ
クラウドファンディング マンガ

クラウドファンディング成功しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください