多聞天もビックリ!170kgの敷石を人力で据え付ける根性の石屋さん

大判のビシャン叩きの茨城県産稲田石の張り石

石は重いです。

なかの
こんにちは、石屋のなかの(@ryoryolyです。

茨城県産の稲田石で作った、大きな板石を人力で苦労して張っていきました。

「石は重い」なんて、石屋が今更何を言っているんだと思われるかもしれませんが、今回のブログは、本当に石の重さを思い知る内容になっています。

 

2000mm×800mmになる大判の板石を施工しました。

厚み40mmで重量が170kgにもなります。

 

その板石を狭い場所に施行するのですから、相当苦労する仕事です。

どんな具合に敷いていくのか、どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

 

170kgの板石を人力で、どのように敷いていくのか

茨城県産の稲田石で板石の厚さが40mmになります。

厚みがあると感じるかもしれませんが、大判なのと、ビシャン叩き仕上げを施しているので、最低限の厚みになります。

ちなみにビシャン叩き仕上げは、こんな感じ。

上から機械で叩くのである程度の厚みがないと割れてしまいます。

 

それでは、まず、板石が張り終わった完成形から。

大判のビシャン叩きの茨城県産稲田石の張り石

多聞天(毘沙門天)が睨みをきかせます。

カッコいい!

 

石を運搬する様子。

1、2、3、4、5、5人がかりで運びます。

大判のビシャン叩きの茨城県産稲田石の張り石

周りを傷つけたりしたら大変なので、人数をかけて慎重に運びます。

ぶつけたら石が欠けてしまうので大変です。

大判のビシャン叩きの茨城県産稲田石の張り石

既に決まっている場所にはめ込むので、微妙な調整が必要になります。

重いからといって手を抜くことができません。

 

スポンサーリンク

 

なんで、手間暇掛けて大判の板石を敷くのか?

そもそも何でこんなに苦労して大判で施工するのでしょうか?

小さければもっと簡単に張れそうなものです。

 

例えば、マンホール付近は、穴を開けるのに

大判のビシャン叩きの茨城県産稲田石の張り石

分割して調整しています。

 

また、こんな感じで、ジグザグに斜めに張るのも

大判のビシャン叩きの茨城県産稲田石の張り石

趣があって良いものです。

 

それでは、なぜ、大判で敷くのか?

それは、単純にスッキリしてキレイだからです。

 

施主様の希望です。

本音の部分では、もっと小さい板石を張っていった方がずっと仕事が楽です。

 

ただ、出来上がってみると大判の目地が少ない敷石は、やっぱりキレイですね。

技術的には難しかったけど、それだけにやって良かったと思える仕事でした。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

大判の170kgにもなる板石張りの様子、いかがでしたでしょうか?

大の大人が5人掛りで、一枚の板石を慎重に気を使いながら敷設していきます。

 

手を挟まず、周りも板石も破壊せず、丁寧に敷いていくのは、熟練の技術のいる仕事です。

力も根性もなければなりません。

 

ということで石屋も重いと本気で思う仕事についての記事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラウドファンディングのご支援ありがとうございました。

大判のビシャン叩きの茨城県産稲田石の張り石
クラウドファンディング マンガ

クラウドファンディング成功しました!

2 件のコメント

  • 米陀 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください