袋田の滝の楽しめる7つの絶景スポットを紹介!無料駐車場情報も

茨城県大子町 袋田の滝

栃木県日光の華厳滝、和歌山県勝浦の那智滝とともに日本三名瀑のひとつに挙げられる『袋田の滝』(ふくろだのたき)

茨城県北部、福島県との県境になる大子町にあります。

 

2017年GW(ゴールデンウィーク)の最終5月7日に袋田の滝を初めとして、常陸太田市のバンジージャンプもできる恐怖の竜神吊橋にも行ってきました。

明日から仕事の人が多いからそんなに混まないだろうという、甘い考えを裏切る、かなりの混雑振りでした。

 

お土産屋さんで鮎を食べながら聞いてみたら、茨城県北部(常陸太田市・大子町・高萩市)が、NHKの朝の連続ドラマ『ひよっこ』の舞台であることから、今年のGWは例年よりも観光客が多いそうです。

なかの
有村架純さん、かわいい♡

 

そんな経験から初めて『袋田の滝』を観光する方でも効率良く絶景を楽しめる7つのスポットを紹介していきます。

また、車で来られる方は、駐車場で悩まれる方も多いかと思います。

駐車情報も合わせてご紹介していきます。

それでは、袋田の滝の絶景を楽しめる7つのスポットを紹介!アクセス・駐車場・温泉情報までをお送りします。

スポンサーリンク

 

茨城県大子町『袋田の滝』について

茨城県を代表する観光名所『袋田の滝』

久慈側の支流である滝川に架かる滝であり、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。

 

滝の流れが大岩壁を4段に落下することから『四度(よど)の滝』とも呼ばれています。

季節ごとにおりなす景色も見事で、特に滝が凍る「氷瀑」が有名です。

息子
わー凍ってる!
茨城県大子町 袋田の滝 氷瀑

参照:http://www.daigo-kanko.jp/?page_id=10258

袋田の滝、所在地・電話・営業時間・料金・休日

  • 所在地:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
  • 電話番号:0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
  • 営業時間:8:00~18:00(11~4月9:00~17:00)
  • 料金:大人300円 子供150円
  • 休日:無休

 

ところで、話しが変わりますが、茨城県にはこんなに魅力的な観光地があるのに2009年より始まった47都道府県の善行魅力度ランキングで、毎年最下位になっています。

一度だけ群馬県に最下位を明け渡しましたが、茨城県人としては、全く納得できない結果です。

 

草津温泉がある群馬県が最下位というのもかわいそうですが、基本、北関東3県は不人気です。でも、3県とも本当は魅力に溢れた県なんです。

なかの
最下位というころは伸びしろが日本一!

 

スポンサーリンク

 

袋田の滝を見ることができる7つのスポット

袋田の滝の魅力は、何と言っても迫力です。横に広いのでインパクトがあるんですよね。

私が訪れた日は、若干水量不足ですが、大雨が降ると観瀑台にまで水しぶきが飛んでくるぐらいの威力があります。

景色もいいですよね♪ 秋の紅葉も本当にきれいです。

4K動画でお届けしていますので、歯車マークの設定をいじっていただければより良い画質で見られます。

 

袋田の滝を見るには7つのスポットがあります。

  • 滝に通じる地下通路を歩いて行くと辿り着ける下から見上げる観瀑台
  • エレベーターを昇ったところにある上・中・下の三段の高さで見れる観瀑台
  • 滝川を渡る吊り橋
  • お食事をしながらゆっくり見れる御茶屋さん

 

お茶屋さんでゆっくりと袋田の滝を眺めるのが最高!

茨城県大子町 袋田の滝

お勧めなのが、遠目ではありますが、滝を見ながら風光明媚な景色を楽しめる御茶屋さん。

鮎の塩焼きやお蕎麦を食べながらのんびりとくつろぐことができます。

 

袋田の滝周辺には、多くのお土産屋があり食事も提供していますが、他で鮎の塩焼き400円のところ500円とちょっと高かったりします。

なかの
借景料ですね。でもそれ以上の価値があります。
ママ
ホンジャマカの石井さんや谷村新司さんの写真があるわ!ここに来たのね!
息子
ピコ太郎もいる~。

ちなみに、この後に行った竜神大吊橋では鮎の塩焼き350円でした。もっと探せば安いところもあるかも?

 

袋田の滝へのアクセス方法

袋田の滝は、山の奥にあるので、高速道路を利用しても交通の便の良いところではありません。

東京方面からだと常磐自動車道の「那珂IC」より約50分掛かります。

電車だと、茨城県水戸市と福島県郡山市を結ぶJR水郡線「袋田駅」よりバスで10分になります。

 

袋田の滝の駐車場は、無料駐車場が遠い!

袋田の滝は、滝の近くに無料駐車場はなく、民間の500円の駐車場になります。

シーズンオフだと、お食事すれば無料!なんてのもあるそうですが、GW(ゴールデンウィーク)などの稼ぎ時は駐車場代をキッチリとられます。

袋田の滝の無料駐車場

  • 袋田滝本町営第一無料駐車場:滝まで1キロメートル 駐車台数50台
  • 町営袋田第二無料駐車場:滝まで1.5キロメートル 駐車台数220台

一番遠い駐車場だと、単純に往復3キロメートル、なんだかんだでそれ以上は歩くことになります。

小さなお子様連れや年配の方がいると少々厳しいですね。

 

袋田の滝の有料駐車場

無料駐車場を過ぎて、少し車で走ると有料駐車場がポツポツと見えてきます。

なるべく袋田の滝の近くへ奥に奥に行きたくなりますが、近くなればなるほど、駐車台数が少なくなるので、けっきょくUターンして戻る車を多く見かけます。

滝を見るためには、けっきょく川沿いの道や地下通路を距離を歩くことになるので、ほどほどのところで妥協しましょう。

なかの
駐車場探しには妥協も必要です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

茨城県大子町にある『袋田の滝』について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

袋田の滝は、見る位置や角度によって様々に表情を変えます。7つの絶景スポットを移動しながら思う存分楽しんでください。

 

駐車場もあまり混雑していて中々駐車できなかったりすると、せっかくの楽しい気持ちも萎えてしまいます。

袋田の滝の駐車場は全般的に遠いのですが、なるべく近くに留めたいのならGW(ゴールデンウィーク)などのシーズンにはなるべく早く行った方が無難です。

 

袋田の滝以外にも、茨城県北部は、のどかな風景が広がりおいしいグルメもありおススメ観光スポットです。

ぜひ、堪能していってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラウドファンディングのご支援ありがとうございました。

茨城県大子町 袋田の滝
クラウドファンディング マンガ

クラウドファンディング成功しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください